Medical Copywriter 真和社歴19年

Q1 この仕事を選んだ理由は?
新卒のときは何をしたいというのでもなく、どこかに就職しないとまずいなあ、というだけの気持ちで製薬会社に入りました。懸命に就活しなくても製薬会社に入れた幸せなバブル時代の話です。
でも、何となく入ったツケはすぐに到来。目標はないし、社風にも馴染めない。結局、わずか3年で転職先も決めずに飛び出してしまいました。それからしばらく悶々としていたときに出会ったのが真和の求人広告。薬学部を出たら製薬会社か薬剤師の道しかないのか?と悩んでいた私にとって、これまでの経験を生かして広告業界で働けるというのは目からウロコでした。
ちょっと気恥ずかしいけれど、当時「新しい世界が待っているかも」と思ったし、それは本当でした!
shiro03 staff22
Q2 どんなところに、やりがいや面白さを感じていますか?
キャリアとともに面白いこと、やりがいを感じることは変わってきます。でも、この仕事を始めてから今日までずっと感じていることの1つは「自分が書いた文章やアイデアが形になること」。
もの作りには“産みの苦しみ”もともなうけれど、作るプロセスに面白さを感じています。同時に、「これができたら合格、卒業」ということはなくて、どんなに長く続けていても「さらに上」があることが、やりがいというか、“頑張りがい”につながっています。
もう1つは「医療とつながっていること」。もとはといえば、医療に関係していたくて薬学部に進学しました。本や文献のような活字の知識だけでなく、学会や座談会などを通じてドクターの声を聞き、薬の使われ方や治療の進歩を知ることができるのもこの仕事の面白さです。
shiro03 staff23
Q3 真和のどこが好き?
つらいとき、迷ったときに支えてくれる人がいること。
黙々と文献を読んだり、原稿を書くのは孤独な作業だし、筆が進まなくて行き詰まることも日常茶飯事だけど、自分が望めばアドバイスをしてくれる人がいることが大きな支えです。もちろん先輩に原稿を真っ赤に直されたときは落ち込むし、ムッとくることだってたくさんありました!
でも、自分の世界だけで仕事をしていたら自分が思いつくこと以上のものを作ることはできないし、この仕事そのものに飽きていたのではないかと思います。
shiro03 staff24
Q4 5年後の夢や目標は?
5年後にはメディカルライター歴が20年を有に超えますが、「昨日の原稿より今日書いた原稿の方が上手い」でありたいです。
きっとそれはテクニックについても意欲についても、この仕事を始めたときより、今より、難しくなっているだろうと思います。
でも、書いている限りは頑張っていたい。 そして、新しい仲間を迎えながら、いま一緒に働いているスタッフと5年後も一緒に働いていたいです。
shiro03 staff25
Q5 仕事以外で、最近はまっていることは?
海外ドラマが好き。自宅に帰るとついついテレビのチャンネルを海外ドラマに。海外の料理番組も好き。日本人はまずやらないキミョーな味付けが面白い。自分で作ってみたいとは思わないけど。
あと、若い頃から海外の小説が好き。見たことのない風景を頭の中で描きながら読むのが楽しいんです。 海外、海外って書いたけど、わたし、姿も中身も、とってもジャパニーズでございます。
shiro03 staff26
ページTOPへ戻る