Art Director 真和社歴 7年 (医薬広告業界歴22年)

Q1 この仕事を選んだ理由は?
選んだというより、いつのまにかADになっていたというのが正直なところでしょうか。
最初の職場ではデザイナーとしてデパートのチラシなどのデザインをしていましたが、その頃からどうやら自分は手を動かすことがそれほど得意ではないと感じていました。それよりもどんなデザインがよいかをいろいろと考え、それをデザイナーに伝えて形にしてもらう、という仕事のスタイルが自分には向いていると感じ、そうしたスタイルを認めてくれる職場に恵まれた、ということだったと思います。
shiro03 staff17
Q2 どんなところに、やりがいや面白さを感じていますか?
原稿に表現されていること、すなわち、送り手が受け手に伝えたいことを正確に理解し、受け手が最も受け入れやすい形に表現していくことです。
医薬品は、そもそも原稿内容を理解することが簡単ではなく、また製薬業界団体のレギュレーションなど、多くの表現上の制約があります。が、そうした難しいことが多ければ多いほど、むしろ、やりがいを感じます。私ってもしかしてマゾ?
shiro03 staff18
Q3 真和のどこが好き?
私は真和の前に同業他社を2社経験していますが、真和の雰囲気は前2社とは全然違いますね。アットホームというといかにもクサいですが、風通しがよいというか、上下左右の軋轢や足の引っ張り合いがないというか、のんびりしているというか。居やすい会社であることは間違いないです。
こういう雰囲気って、真和だけで育った人たちにはわからないかもしれませんが、真和の貴重な財産だと思います。
shiro03 staff19
Q4 5年後の夢や目標は?
若い腕のいい板前さんをつかまえて、しゃれた肴と厳選した日本酒を出す居酒屋の女将になる(もちろん板前さんとはいい仲に)。あるいは「言葉」にこだわる仕事をする。コピーライター、エッセイスト? 日本語教師? 現実的なところでは校正者?
今の仕事を続けているなら、New York Festival(って何だか実はよく知らないんですが)とかの、有名な広告フェスティバルで賞をとる。さて、どれが実現するんでしょうか。
shiro03 staff20
Q5 仕事以外で、最近はまっていることは?
きき酒です。きき酒といっても、白い猪口でお酒を口に含み、くちゅくちゅして、ペッとはき出す、あれではありません。そんなもったいないことできません。香りを利き、味をめで、後味を楽しむ。もちろん心地よい酔いも。最近は、気に入った日本酒の酒蔵を訪ねて、日本酒を造る人たちの心に触れる(&他では飲めない一品を味わう)楽しみも知り、ますます日本酒への愛を深めています。 shiro03 staff21
ページTOPへ戻る