プロジェクトの進め方

製品チーム
私たちの会社の仕事の大部分は、製品単位でMR 教育用資材、製品パンフレット(製品情報概要)、患者さん向け資材などをパッケージで受注したものです。
したがって、大部分の仕事は製品ごとのチームで進めていきます。
チームは、最低限、Account Executive(AE)1名、Medical Copywriter(MW)1名、Art Director(AD)1名の3名で構成されます。AE、MWは複数(それぞれの上司あるいは補佐)が担当することも多く、受注した業務内容によっては、Planner(企画担当者)、Editor(編集者)、Convention Planner(講演会等の企画・運営の担当者)も加わるため、チームのメンバーが10名近くになることもあります。
チーム内では、常に情報を共有し、頻繁にミーティングを行いながら業務を進めていきます。ですから、決して一人だけで、相談する相手もいずに仕事をしているということにはなりません。
shiro03 staff07

 

クライアント・外部協力会社とのやりとり
staff15 shiro03 クライアントとのやりとりはAEが中心になりますが、他のチームメンバーも必要に応じてクライアントと直接、電話、メール等でやりとりすることが少なくありません。
原稿内容やデザインについて、直接コミュニケーションしたほうが、お互いの真意が伝わりやすいためです。
制作作業では、外部のライター、デザイナー、Web制作者、印刷会社などの協力を得ます。これらの協力会社とのやりとりも、チームのメンバーが分担して行います。

 

博報堂との協働
私たちの会社は、長年にわたって、大手一般広告会社である博報堂と良好な提携関係を築いてきました。
現在は主としてDTC(Direct To Customer)と言われる疾患啓発広告や製品・疾患領域のブランディング戦略などで協働しています。
クライアントに対するアカウントをつとめる側が主体となり、お互いの経験とノウハウを生かして、共同作業でクライアントへのサービスを行います。
ページTOPへ戻る